塗装工事はトラブルが多い? 失敗しないためのコツを知る!

 

皆さん、こんにちは。足利市に拠点を構え、塗装工事を手がける株式会社オオヤマです。


「塗装工事」や「外壁塗装」といったキーワードでインターネット検索してみると、サジェストで「トラブル」と出てきたことはありませんか? 

実は塗装工事は、住宅工事のなかでもトラブルに発展しやすい作業。ふつうは水まわりのトラブルなどのほうが多そうですが、一体、なぜ……?と思いますよね。


今回は塗装工事でありがちなトラブルと、トラブルを避けるためのコツを紹介します。




■想像していたイメージと色が違う! 



外壁塗装でありがちなのが、想像していたイメージと違う色や仕上がりになってしまったこと。もちろん工事前には業者に色見本を見せてもらって決めたはずなのに、いざできたら、こんなはずじゃなかった……というケースです。


もし業者に指定した色が間違っていなければ、これは施主側のミスになります。とはいえ、指定した色を使っているはずなのに、なぜこうしたことが起こってしまうのでしょう。


この問題については「家の雰囲気がランクアップ! 外壁塗装の色選びのコツとは?(https://garden-ex.jp/blog/paint/125982)」でも解説しておりますが、実際のサンプルを取り寄せても面積が小さく、同じ色でも外壁のような広範囲で塗ると印象が変わってしまうことが挙げられます。


またサンプルをチェックする場所や天気にも要注意。室内と室外では明るさはもとより、光の色や反射具合が異なります。サンプルは必ず外で、晴天・雨天それぞれの状況で確認することがトラブルを避けるコツです。




■塗膜が耐用年数より早く剥がれてしまった⁉︎ 



最近は各地で大雨が甚大な被害をもたらしたり、毎年のように夏の最高気温が更新されるなど、地球温暖化の影響が顕著になっています。

外壁は家を雨風・紫外線から守るものですが、ここ数年の急激な気候変化を考えると、一般的な耐用年数よりも塗装が早く劣化してしまう可能性もあり、これは業者の手落ちではありません。


ただあまりにも早く塗装が剥がれてしまうようなら、業者の施工ミス。前回のブログ「外壁を適切に保つ正しい塗装回数は?(https://garden-ex.jp/blog/paint/131058)」で解説したように、本来なら3回塗装をしなければならないところ、2回しかしていない可能性もあり得ます。


塗装工事は工事保証を伴いますので、保証期間内ならやり直しを指示できます。そもそも工事保証について、打ち合わせ段階できちんと説明のない業者はNGと心得ておきましょう。




■業者とトラブルになった場合の相談先は?



塗装工事でトラブルになった場合の相談先としては、「住宅リフォーム・紛争処理支援センター」「国民生活センター」があり、そこでも解決できないのなら、最終手段は弁護士ということになります。


ただそもそも、こうしたトラブルの相談先を調べるよりも、まずはトラブルを起こさない信頼できる地域密着型の業者に依頼するのが先決。塗装業者の見極め方は「失敗しない塗装業者の選び方とは?(https://garden-ex.jp/blog/paint/121048)」でも解説しております。

地域にねざして仕事をしている業者は、口コミに左右されやすいため、トラブルを起こしたらすぐに悪い噂が広がり廃業してしまいます。近くに塗装業者がある場合は、まずそちらに相談してみるとよいかもしれません。




■地域密着型の信頼できる業者に、率直に相談を


外壁塗装は1軒1軒ごとに、日当たりや土埃など劣化を促進させる条件が異なります。塗装面積やお客様が塗装に求める性能も異なるため、金額もそれぞれのケースで変わってきます。

こうした工事金額もトラブルに発展しがちな要因の一つですが、地域密着型の誠実な業者ならば、これらのリスクを踏まえて打ち合わせをしてくれるので安心です。


足利市近隣地域で塗装工事を行っているオオヤマのモットーは、お客様に寄り添う誠実な仕事ぶり。見積もりや仕上がりに関して気になることがございましたら、ご納得いくまで説明させていただいております。

これから台風シーズンを迎え、屋根や外壁塗装でお困りになる状況になったとしても、かかりつけの町医者のようにすぐに駆けつけます。どうぞ安心して、お問い合わせください。