やっかいな雨漏り修理、どこに依頼するのが正解?

 

皆さん、こんにちは。足利市に拠点を構え、塗装工事を手がける株式会社オオヤマです。


かつては梅雨というと、しとしと雨が降り続けるイメージでしたが、ここ数年は線状降水帯という、積乱雲が繰り返し発生しながら発達して、大雨をもたらす現象も顕著になってきています。


そんな時に起こりやすいのが、雨漏りです。いつの間にか外壁や屋根の塗装がダメージを受け、ささいなヒビ割れなどから雨水が浸入し、室内のみならず家を支える構造にも被害を及ぼしかねません。

今回は、雨漏りの発生をチェックするポイントと、修理を依頼すべき業者についてご紹介します。



■こんな症状が出ていたら、雨漏りの可能性が!



天井・壁・床といった内装材に、水滴によるダメージが見られたらそれは雨漏りかもしれません。給水給湯管や排水管・空調設備からの漏水が原因というケースもあるのですが、見極めやすいのは、雨が降った翌日や雨が降っているタイミング。

こんな症状が起きていたら、雨漏りが進行している可能性が高いと考えてよいでしょう。


雨が降った翌朝に、天井・壁のクロスが剥がれていたり、膨らみ・シミが生じている、あるいは部屋が湿気たようなイヤな臭いがするのは、その一例です。

内装材のカビもサインの一つ。家の外に出て外壁や基礎が部分的に乾いていない場合も、雨漏りを疑ってみたほうがよいでしょう。


また雨が降っている間に、天井裏から水滴が落ちている音がしたり、床が濡れ始めているようなことがあれば、要注意。

内装材が湿ってきたり、窓のサッシの下側のレールに水が溜まる現象も、雨漏りの可能性を示しています。



■雨漏りの相談はどこにすればいい?



修理の依頼先としては、家を建てたハウスメーカーや工務店、リフォーム会社、外壁・屋根の塗装の専門業者などが挙げられます。


ハウスメーカーや工務店は、新築時の保証期間を過ぎていても雨漏り修理を依頼できますが、けっきょく作業をするのは地元の塗装専門業者ですので、余計な中間マージンなどがかかって割高になってしまう傾向があります。


リフォーム会社も同様で、修理作業を手がけるのは地元の専門塗装業者。また雨漏り修理の実績が少ない業者ですと、原因を特定できずに完全に修理できない可能性も。なかには雨漏り修理と抱き合わせで大掛かりなリフォームをすすめてくる悪徳業者もいるのでご注意ください。


もっともおすすめなのは、地元の塗装業者です。大手と異なり派手な広告を打たず、口コミが勝負なので一つひとつの仕事が真剣勝負。

直接工事を手がけるプロが打ち合わせから対応してくれるので、依頼から工事までスピーディーに進みます。中間マージンもかからないのでコスト面でもお得です。

また地元の気候風土を知り尽くしているため、精度の高い修理が期待できるでしょう。



■放置は厳禁! 足利市周辺の雨漏り修理はオオヤマへ



注意したいのは、豪雨や台風のあとに飛び込みで営業にくる訪問業者。

強引に契約を迫られたり、実際に工事をしてくれなかったのに高額な解約料を請求されたなど、数多くの相談が消費者センターに寄せられています。


雨漏り修理は、時間が勝負。雨漏りのサインを発見したら、ただちに修理を依頼しましょう。オオヤマでは地域密着型ならではのフットワークのよさを活かして、雨漏りや漏水トラブルに迅速に対応いたします。足利市周辺の雨漏り修理はお任せください。


初期段階では難しい原因の特定も的確に行いますので、ご安心を。防水工事も手掛けており、雨漏りの原因となりやすい屋上やベランダも一貫して改善できます。

もしかしたら雨漏りかも……と気になることがあったり、今のうちにメンテナンスをしておきたいとお考えの方は、ぜひオオヤマまでお気軽にお問い合わせください。